夏バテしない食生活を!

人間は汗をかくことで体温を一定に保っています。しかし、現代人はエアコンの普及により、汗をかく機会が少なくなっています。汗をかかなくなると交感神経の働きが鈍り、体温調節機能が働かなくなって、夏バテの原因の一つである自律神経失調症になりやすくなります。


また、食生活でも、糖分の多い清涼飲料水の摂り過ぎによる食欲の低下や、消化吸収能力の低下がみられます。特に夏はビタミンやミネラルなどの栄養素が摂りにくくなり、これが原因で夏バテが起こると言われています。



【夏バテ防止に重要なビタミン類】


・ビタミンB1

糖質や脂肪が体の中でエネルギーになるときに潤滑油として働きます。


ビタミンB1を多く含む食品・・・豚肉、ウナギ、たらこ、玄米、落花生、昆布、枝豆


・ビタミンⅭ

ストレスに対する抵抗力の強い体造りにかかせないビタミンです。免疫力を高めます。


ビタミンⅭを多く含む食品・・・ピーマン、パセリ、レモン、ゆず、ブロッコリー、イチゴ、じゃがいも



バランスの良い食生活を心掛け、暑い夏を乗り越えましょう。

特集記事

最新記事

アーカイブ