くまみファミリー接骨院プレゼンツ!脱水・熱中症を予防するためには?

こんにちは。 西尾市の接骨院、くまみファミリー接骨院です。


夏本番前に、じっとりとした湿気とともに気温もぐんぐん上昇する季節になりました。

体が暑さに十分順応できていないこの時期から夏に向けて、特に注意したいのが「熱中症」です。





熱中症は、気温や湿度の高い環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなってしまったために現れる様々な症状の総称です。


【熱中症の分類と主な症状】


軽度:大量の発汗。めまいや立ちくらみ、生あくびなど、脱水症状が主。筋肉痛やこむら返りなどがみられることもある。


中等度:汗が出なくなり、体温が上昇する。頭痛や吐き気・嘔吐、だるさ、意識が遠のく(集中力や判断力の低下)


重度:さらに体温が上昇し、けいれんや呼びかけに応じない、意識障害や昏睡などが起こる。


気温が高くなると、私たちの体は汗をかくことによって体内の熱を逃し、体温を一定に保とうとします。ところが、汗を大量にかきすぎると、今度は体内の水分や塩分が不足して脱水状態となり、めまいや立ちくらみなどの、熱中症の初期症状が現れ始めます。





【脱水の予防】


なんと言っても、こまめな水分補給です。

脱水や、熱中症は屋外でけでなく、屋内にいても起こります。室温が28℃を超えない様、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。

また日頃から栄養バランスの良い食事や十分な休息をとり、暑さに負けない体造りをしていくことも、脱水や熱中症の予防になります。


【熱中症の応急手当】


・日差しを避けて涼しい場所に運び、衣類を緩めて安静にさせる。

・エアコンをつけたり、うちわや扇風機で体に風を送り、冷やす。

・太い血管の通っている首やわきの下、太ももの付け根を冷やす。

・水分(スポーツドリンク)を少しづつ何度も飲ませる。





くまみファミリー接骨院では、院内環境に気を付けて日々施術を行っています。

院内は常に換気をしていますが、室温や湿度に気を使いながら、施術環境が不快にならない様にしています。また待合にウォーターサーバーを設置していますので、施術後や、待ち時間には、のどを潤してお帰り下さい。

こまめな水分補給を心掛け、熱中症対策を行いましょう。




特集記事

最新記事

アーカイブ