生活習慣病予防


生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」です。

生活習慣病は、はじめは加齢とともに発症・進行すると考えられていたため「成人病」と呼ばれていましたが、子供の頃からの生活習慣が基盤となって発症することがわかった為「生活習慣病」と改められました。

食習慣が理由で発症する疾患としては、糖尿病、肥満症、高脂血症、大腸がん、歯周病などがあります。

運動不足が原因となる疾患は、糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧症などです。

これらが進行すると、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患に発展するリスクが高まります。

また、喫煙によって発症する疾患には、肺がん、慢性気管支炎、循環器疾患などがあり、過度な飲酒によって発症する疾患には、肝硬変よ脂肪肝などの肝疾患が代表的です。

生活習慣病は、発症してしまうと、しばしば予後が不良な為、予防が重要です。 予防の為には、規則正しく、かつ栄養のバランスが取れた食事と適度な運動、さらにストレスを上手に発散して精神的にも健全な生活を心がけましょう。 生活習慣病を予防するためのポイント 生活習慣病の予防は、運動習慣や食生活、疲労、喫煙、飲酒など毎日の生活習慣を見直すことから始まります。生活習慣病予防に大切なポイントを紹介します。


①適正体重の維持 ②脂肪の摂りすぎに注意 ③野菜の摂取量の増加 ④1日3食、規則正しく食べる ⑤日常生活の歩数の増加 日常生活のなかで積極的に体を動かそう ⑥運動習慣をつける ⑦睡眠をとる ⑧禁煙する ⑨お酒は適量を守る ⑩歯を大切にする ⑪自然のリズムに合わせて生活する 健康診断で「血糖値が高い」「コレステロール値が気になる」などの結果は出ていませんか? 脳卒中や心臓病はある日突然発症するわけではなく、体重増加、血糖値・血圧異常などから静かに進行していきます。 特に、肥満・高血圧・脂質異常・糖尿病は「死の四重奏」と呼ばれ、重篤な生活習慣病を引き起こす4大危険因子です。 「生活習慣病予備軍(境界領域期)」の段階であれば、進行を防ぐことは十分可能です。 ライフスタイルを見直すとともに、毎年必ず健康診断を受け、自分の健康状態を常に把握しておきましょう。

#西尾市接骨院#くまみファミリー接骨院#健康生活#運動不足#血行不良#血行促進#ストレッチ#もみほぐし#リラクゼーション#体の疲れ#疲労#腰痛#肩こり#頭痛#交通事故#交通事故治療#予約できる接骨院#LINEで簡単予約#@gcl0045qで検索#0563-65-3200


特集記事
最新記事
アーカイブ