4周年記念 ありがとうございます。

日頃から当院へご来院頂き、誠にありがとうございます。

また、当院運営・健康保険使用にあたり、ご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

当院は、令和2年6月1日で無事に4周年を迎えることができました。

これも、日頃からご来院頂く皆様のおかげであると思っています。

また、この1年を振り返ると様々なことがあり、幾度となく壁が立ちはだかったこともありましたが、スタッフをはじめ、多くの人に支えられながら、一歩一歩前進することがでた1年となりました。私は、つくづく人に恵まれていると実感しています。ただただ感謝しかありません。

そして、この1年は、私自身40歳を迎え、節目の年となりました。

私が常日頃から思うことは、この「くまみファミリー接骨院」と関りを持った全ての人、と「家族の様な」繋がりを持ち、何の気兼ねなくお付き合いがしたいということです。

「家族の様な関係」とは、

① 遠慮せず何でも気軽に話せること

先生と患者という立場上、なんとなく遠慮がちになってしまい、伝えたいこと、伝えなければならないことが、上手に伝わらないことがないようにしたい。

私は、患者様との対話を通して、お体の不調の原因が診えると思っています。患者様との会話の中に、お体の痛みを軽減することのできるヒントが隠されていると思っているからです。そのため、何でも気軽に会話できる関係が理想的であると考えます。時には、雑談がメインとなってしまうこともありますが、患者様と楽しく会話ができれば良いなと思います。

② ホッと一息つけるお家のような存在

痛みを軽減させることが第一と考えますが、当院へご来院頂いた際は、ご自分のお家へ帰ってきたかの様に、リラックスして施術を受けて頂きたいと思っています。

初めての場合は緊張して当たり前です。どんな人が施術をしてくれるのか気になるところです。そのため、患者様には、よりリラックスして頂けるよう「家族の様に」対応して参ります。

なんとなく落ち着く場所、体も心も安らげる、そんな場所を提供したいと思っています。

③ いつでも帰ってこられる場所

体の痛みを治療する場所であるため、痛みが和らげば、いつかは治療を終了することになります。一旦治療の終わりを迎えられても、症状が再発したときには、またいつでも気軽に帰ってこられる、そんな場所でありたいと思っています。

「おかえりなさい」の気持ちでお出迎えしたいと思っています。

患者様とはそんな関係を築くことができればと思います。

また、そんな関係が築けるよう努力して参ります。

一回一回の施術を大切に、一日一日の出会いを大切に、一年一年の成長を大切に、日々過ごして参りたいと思います。

ここでの施術を通して地域貢献を目指す当院としましては、地域の皆さまのお役に立てるよう日々精進して参りたいと思いますので、今後もよろしくお願い致します。

5年目も明るく、元気に駆け抜けて参ります。


令和2年6月1日

くまみファミリー接骨院

院長 外山 貴浩 

特集記事
最新記事
アーカイブ